NURO光の回線速度が遅い時に確認すべきこと

回線速度遅い

NURO光の回線速度に期待を抱いて開通したものの、思ったよりも速度が出ないことがありますが、実は自分で改善出来ることが結構あります。

遅くなる理由は2パターンあり、「自分側の問題」か、「NURO側の問題」となります。

自分側の問題の場合はほとんど改善可能ですが、NURO側の問題の場合は改善出来ないことも多いので、まずは自分側の問題だけはないようにしたいですね。

遅くなる理由

自分側の問題

LANケーブルを「5」以下のものを使っている

LANケーブルにはカテゴリという規格があり、カテゴリによって最大速度が変わってきます。

「5e」以上であれば1Gの回線速度まで対応となりますが、「5」以下だと100Mまでしか対応していないのでNURO光の回線速度がケーブルによって制限されてしまいます。昔からパソコンを使っていて、LANケーブルの交換を何年もしていないという方は要注意です。

パソコン本体が古い、OSソフトが古い

パソコンの動作や画面の描画能力などはパソコンやOSソフトに依存する部分が大きいので、パソコン自体が古いと、いくら回線速度が速くても、力を発揮することが出来ません。

周辺機器が古い

自前のルーターやスイッチングハブなどの周辺機器を利用している場合、接続している周辺機器の古さが速度低下の原因となる場合があります。

周辺機器のファームウェアのアップデートや、機器本体が古い場合は買い替えを検討する必要があるかもしれません。

機器が1000BASE-Tに対応していない

ネットワーク通信するための接続規格で、「10GBASE-T」「1000BASE-T」「100BASE-T」「10BASE-T」などがあります。

例えば、「1000BASE-T」の最大通信速度は1,000Mですが、「100BASE-T」は100Mまでしか速度が出ません。

パソコンやスイッチングハブなど、LAN端子がある機器が古い場合、「1000BASE-T」以上か確認が必要です。

ONUの置いている場所が悪い

wi-fi接続で利用している場合、パソコンとONUの距離が遠かったり分厚い壁で隔たりがあったりすると電波状況が悪くなります。

また、周りに電波を遮るモノを置いていたり、電磁波を発するテレビや電話の子機、電子レンジなどの家電が電波状況が悪くする可能性もあります。

家の中の高い場所に移動させることによって改善するかもしれないので、置き場所を工夫してみたり、場合によってはONUとは別にWi-fiルーターを用意し、中継ポイントを作ると良いかもしれません。

無線の接続が「11ac」と「11n」以外で設定されている

NURO光のONUには、「11ac」「11n」「11a」「11g」「11b」という5つの無線接続方法があり、接続方法によって使われる周波数帯、最大通信速度が変わります。「11ac」と「11n」以外は最大通信速度が遅いためおすすめしません。

ウィルスソフトが邪魔をしている

ウィルスソフトは一般的にパソコンの動作を重くする場合が多く、回線速度に関しても、同じく邪魔をしている可能性があります。

NURO光ではカスペルスキーのウイルスソフトが無料で利用できますが、インストールして回線速度が遅くなるようでしたら、アンインストールして他のウイルスソフトを試すなどの対策が必要かもしれません。

NURO側の問題

加入者が増えて地域の回線設備が不足

通常光回線はNURO光に限らず、1回線につき最大32人で回線を共有する形になります。家に直接1本の回線を引き込む工事が行われますが、実際にはご近所さんと回線を分け合っているわけです。

そのため、地域の利用者が増えると回線速度が遅くなってきます。ある程度混み合ってくると、速度低下を防ぐために設備投資をして利用者の分散を行うわけですが、キャリア側の都合や、利用者の増加見込みなどによってすぐに増設されるか、しばらく時間が掛かるかはわかりません。

そのため、利用していて速度改善される場合や、いつまでたっても速度改善がされない場合もあります。

同じ時間帯に利用者が集中して混雑している

最大32人で回線速度を分け合うわけですから、同じ時間帯に利用者が集中すると速度低下を招きます。回線速度測定サイトなどで時間帯ごとに速度を測り、混雑する時間帯を把握しておくと良いでしょう。

通信障害が起きている

あまり多くは発生しませんが、プロバイダや回線元の機器原因やメンテナンスなどで一時的に通信障害が起こることがあります。通常であれば短時間で回復することがほとんどです。また、通信障害が起きた際には通信障害情報としてホームページに掲載されます。

NUROのテクニカルセンターへ相談

自分側の問題がないことが前提となりますが、何をしても速度が異常に遅い場合は、ONUの故障や回線の切断など、何らかの不具合が原因となっている可能性もあるため、テクニカルセンターへ相談してみると良いかもしれません。

NURO テクニカルセンター
0120-300-260(9:00~21:00)

ベストエフォート型サービス

ベストエフォート型とは「最大限の努力はしますが、保証はしません」というものです。
つまり、もし回線速度が出なくても、無条件で解約や料金の免除など何らかの保証をしてもらうことは出来ないということです。

自分側の問題をクリアにして、さらにNURO テクニカルセンター相談しても、全く速度改善が出来ない場合は、他の光回線へ乗り換えを検討する必要もあるかもしれません。

しかし、他社回線も結局はベストエフォート型サービスなので、乗り換えたからと言って改善されるとは限りませんし、NURO光の解約金や工事費残金も掛かるため注意が必要です。

アプリや計測サイトなどで速度測定し、利用しやすい時間帯を見つけることや、速度改善されるのを気長に待つなど妥協点を見つけ出すことも重要かもしれません。

]]>

>

・サービス提供エリアは一部地域を除く 【関東】東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城、栃木、群馬 【東海】愛知、静岡、岐阜、三重 【関西】大阪、兵庫、京都、滋賀、奈良【九州】福岡、佐賀です。
・「NURO」はソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社の登録商標です。
・NURO 光 コースは、サービスの特性上お申し込みにあたってのご注意事項がございます。お申し込みの前に、重要事項説明をお読みください。