本ページにはプロモーションが含まれています

NURO光とドコモhome5Gを比較!通信速度や料金でNURO光の圧勝

ドコモ光vsNURO光

2021年8月より提供が開始された、ドコモのホームルーターサービス『ドコモ home 5G』。

工事不要で、コンセントを挿すだけで気軽に利用できることが魅力ですが、通信速度が安定しない評判が悪いなどのデメリットがあります。

本記事では、ドコモ home 5Gの特徴や、NURO光との明確な違いをご紹介します。

目次

ドコモ『home 5G』は評判が悪い

ルーターをコンセントに挿すだけでサービスが利用できるドコモ home 5Gですが、肝心の通信速度が安定しないほとんどのエリアで5Gを利用できないことから、あまり評判は良くありません。

ドコモ『home 5G』の料金

ドコモ『home 5G』の月額料金は4,950円(税込)であり、NURO光より250円安いです。

ドコモ『home 5G』のメリット

ここからは、ドコモhome 5Gのメリットを解説します。

コンセントを挿すだけで利用可能

ドコモ home 5Gのルーターは工事不要で利用でき、コンセントに挿すだけで使えるため、簡単に通信設備を整えることができます。

ライトな使用であれば問題なし

フレッツ光の回線を利用したドコモ home 5Gの通信速度はあまり速い部類には入りませんが、SNSなどで画像を閲覧する・比較的容量の軽いサイトを見る等の用途であれば、問題なく使用することができるでしょう。

しかしながら、朝や夕方などの混雑時には、フルHD動画の再生が難しくなったり、アプリのダウンロードに時間がかかったりする恐れがあります。

引っ越し時に解約せずにそのまま持っていける

光回線などの固定回線の場合、引越し時は解約して、引越し先で新たにインターネット回線の申し込みをしなければなりません。まぁその分キャッシュバックが貰えたりと良い面もあるのですが、煩わしいことは確かです。

しかし、ドコモ home 5Gは引越しする場合でも、解約手続きは不要です。

マイページの登録情報を引越し先の住所に変更し、ドコモhome5Gを再起動するだけで、すぐにネットが使えるようになります。

エリアは全国対応

ドコモ home 5Gの対応エリアは、NTTドコモの提供エリアに準拠しているため、全国で利用することができます。

ドコモ『home 5G』のデメリット

ここからは、ドコモ home 5Gを契約するデメリットを解説していきます。

固定回線ではないので速度が不安定

ドコモ home 5Gが利用している回線は、携帯電話と同じように電波でインターネットに接続するので、光ファイバーのような固定回線よりは不安定です。携帯でも電波の良い場所と悪い場所がありますが、同じように、建物、エリア、天候など色々なことから影響を受けます。

通信速度については、公式サイトから以下のように明記されています。

ネットワークの混雑状況により、通信が遅くなる、または接続しづらくなることがあります。また、当日を含む直近3日間のデータ利用量が特に多いお客さまは、それ以外のお客さまと比べて通信が遅くなることがあります。

特に回線の利用者が増える朝や夕方は混雑が予想され、断続的に通信速度が不安定になる可能性があります。

5Gの対応エリアはごくわずか

5G対応エリアでは、最大4.2Gbpsの超高速通信を行うことができますが、5Gそのものの対応範囲が狭すぎるため、ほとんどの地域で利用することができません。

『5G』と表記されているからといって、全ての地域で利用できるわけではないため、注意が必要です。

実測値が遅い

ドコモ home 5Gでは、4G対応エリアであっても、下り最大1.7Gbpsで通信を行うことができます。

NURO光の速度が下り最大2Gbpsであることを考えると、十分な速度ではあります。

しかしながら、紹介した通信速度はあくまでも理論値であり、実際に使用したときの通信速度ではありません。

両者の実測値を以下の表で見てみましょう。

商品名平均ダウンロード速度
ドコモ home 5G209.68Mbps (9872件)
NURO光510.56Mbps (31267件)
平均ダウンロード速度(みんなのネット回線速度)

ドコモ home 5Gの実測値は、NURO光の半分以下という結果です。

数あるインターネット回線※の中でも最低ランクの順位となります。

※ みんなのネット回線速度 全51社中

3年間継続して契約しないと損をする

ドコモ home 5Gのプランには契約期間の縛りがないため、どのような時期の解約であっても違約金は発生しません。

しかしながら、ドコモ home 5Gの端末代金は、3年間続けて利用することで、毎月の料金から引かれる仕組みとなっています。3年以内に解約をされた場合は、端末代金の残債分を支払うことになります。

ドコモホーム5Gのデメリットまとめ

ほとんどのエリアで5Gを利用できず、通信速度も安定しないため、オンラインゲームや動画配信など常に大容量のデータをやり取りしているユーザーにはお勧めできません。

加えて基本料金は、通信速度が同等レベルの他社よりも高く設定されているため、日頃からデータはあまり利用しないライトユーザーにもお勧めすることができません。

NURO 光のメリット

NURO 光は通信速度が常に安定しており、他社よりも高速の光通信が利用できる・コストパフォーマンスが良いなどのメリットがあります。

通信速度は一般的な光回線の2倍

NURO 光の通信速度は下り最大2Gbpsであり、一般的な光回線の2倍の速度で通信できます。

また、実測値においても高水準を記録しており、通信速度の掲示板『みんなのネット回線速度』では全国3位。関東で利用できる光回線の中では、1番速いです。

ドコモ home 5Gは、対応エリアでは下り最大4.2Gbps の超高速通信が可能ですが、ほとんどのエリアが非対応のため、広範囲においてNURO 光の方が高速で通信できます

独自回線により安定性は抜群

NURO 光が提供している回線はソニー独自のものであるため、昼夜を問わず安定した通信を行うことが可能です。

NURO 光では、G-PONと呼ばれる最新の規格を採用しています。

最新規格の導入には多大なコストがかかりますが、NURO 光は光回線事業の後発であったため、インフラに余計な費用を掛けずに、NTT東西の使われていない光ケーブル「ダークファイバー」を利用してサービスを提供することが出来ました。そのため、NURO光では海外の技術などを最大限に利用したり、多額の費用をかけて設備投資をする余裕がありました。

技術者の努力も相まって、下り最大2.488Gbps の規格速度を実現しています。

45,000円のキャッシュバックを実施中

今なら、NURO光公式サイトからのお申し込みで45,000円のキャッシュバックが進呈されます。

ご利用開始月から6ヶ月後に現金で振り込まれ、様々な用途でご利用できます。

月額料金は比較的安い

NURO光のご利用料金は、以下の表の通りです。

商品名月額料金工事費解約手数料
2ギガ(3年契約)5,200円実質無料3,850円
2ギガ(2年契約)5,700円実質無料3,740円
2ギガ(期間なし)6,100円44,000円
(24回払い)
なし
NURO光 利用料金

※ 表示料金は全て税込み価格です。

定期契約のプランでは、回線の工事費が実質無料になります。

携帯電話の大手3社の光回線との料金比較は、以下の表の通りです。

商品名月額料金
NURO光5,200円
auひかり5,610円
ドコモ光5,940円
ソフトバンク光5,720円
大手3社との料金比較

※ 表示料金は全て税込み価格です。

3年契約での月額料金は5,200円と、大手3社よりも安い料金設定となっています。

NURO 光のデメリット

NURO 光の契約には、対応エリアが限られる・回線工事開通の手間がかかるといったデメリットがあります。

対応エリアは限られる

NURO 光の対応エリアは、21都道府県に限られます(2022年7月現在)。

しかしながら対応エリアであれば、全域で下り最大2Gbpsで通信可能です。

一般的な光回線の2倍でインターネットを利用することができます。

お住まいの地域の対応状況については、公式サイトより確認することができます。

NURO光 サービスご提供エリア

商品名対応エリア通信速度
ドコモ home 5G
(4Gエリア)
全国下り:
最大1.7Gbps
NURO 光21都道府県下り:
最大 2Gbps
上り:
最大 1Gbps
ドコモ home 5G
(5Gエリア)
東京都 一部のエリア下り:
最大4.2Gbps
各社の対応エリアと通信速度

NURO光は、複数の端末を同時にアクセスする・大量のデータを頻繁にやり取りする等の用途におすすめです。

新たに回線工事が必要

NURO 光の開通では、宅内・屋外で計2回の工事が必要となります。

追加料金を払うことで、1日にまとめて行うことも可能です。

NURO光の申し込みは公式HPから

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次